© 2015 by EUREKA. All Rights Reserved

 

  • EUREKA

どこに座る?・座る骨の位置

最終更新: 1月12日

先日FIをしているとき、クライアントさんが、最近座ってると、クシャって丸まってしまうんよね〜なんてお話をされていたので、レッスン後に座る位置を一緒に確認しました。


座る時に体重がかかる骨=「坐骨」のことを、「お尻の骨」と言ってしまうこともあるせいか、だいぶ後ろにイメージされていることが多いようです。

が、実際には坐骨は骨盤の前後のちょうど真ん中辺りあります。


なので後ろの方に体重をかけるのではなく、イメージよりも少し前に乗って、その真上に頭を持ってくるようににすると、ちょうど安定する位置におさまります。

うまい具合に位置関係が取れると、腰を反らすことも、背中に力を入れることも必要なく、すっと背骨が長くなります。


「いい姿勢」=頑張ってキープする、と言う意識が強いとなかなかいい位置が見つかりませんが、レッスンを通して動きとからだの重さのかかり方の関係を探索すると、自分のおさまる位置が見つかりやすいですね。