• EUREKA

クライアントさんの声:Mさん(妊婦さん)・プレグナントポーズ

更新日:10月30日

レッスンを受けてくださっているクライアントさんにお話を聞いてみました。

今回はプレグナントポーズのレッスンシリーズに参加していただいたMさん。 理学療法士さんで産前産後の運動指導もされている方です。


Q1.今回のレッスンシリーズに参加されるまで、どんな問題や不安を感じていましたか?


前回妊娠のとき、妊娠経過とともに恥骨痛や坐骨神経痛を経験しており、今回もそのような症状がでるかもしれないと不安でした。

妊娠中の身体のケアをどうしようか、悩んでいました。

また自身のことだけでなく、仕事で産前産後の方に関わるときに、どのような運動指導が必要なのかがわからず漠然としていていました。


Q2.今回ご参加いただいたきっかけや決め手は何ですか?


妊娠初期のつわりがおさまり、体調が落ち着いてきたタイミングだったので、始めるなら今だ!と。

産前産後でも可能な、やさしいワークであるということが決め手です。


Q3.今回のレッスンシリーズを通して、気づいたこと・変化したこと・得られたことは何ですか?


出産が近づいても、特に身体の不調なく過ごすことができ、むしろ妊娠経過とともに身体が楽になってきました。

自分の身体を内観する習慣がつきました。

一時的な痛みに対して、自分自身で調整することができるようになったことが大きいです。

お腹がまんまるで、まんまるお腹の位置が高いと助産師さんや同僚からも言われます。


Q4.今回のレッスンシリーズでは解決できなかったこと・分からなかったこと・もう少し知りたいことは何ですか?


特にないですが、妊娠前からワークをやっていたら、もっと違う体感が得られたのかなあと気になります。


Q5.今回のレッスンシリーズの経験を、今後どんな形で活かせるでしょうか?


残りの妊娠期間や、出産の最中、産後の身体のケアにとても活かせそう。

また産前産後の方に関わる際の、運動指導として役に立ちそうです。


Q6.このレッスンシリーズをどんな方にオススメしたいですか?


産前産後の女性のケアに携わる方全員。妊産婦さんとその旦那さんにも!


Q7.その他、ご感想やご意見、リクエストなどがあればお聞かせください。


妊娠中の身体を整えることができたので、とても大満足です!ありがとございました✨





閲覧数:7回0件のコメント