• EUREKA

クライアントさんの声:Mさん(理学療法士・女性)・ヨガティーチャーのためのレッスンシリーズ

レッスンを受けてくださっているクライアントさんにお話を聞いてみました。


今回はヨガティーチャー向けのレッスンシリーズ「身体のトリセツ」に参加していただいたMさんです。


*「身体のトリセツ」、ヨガを教えている向けのレッスンシリーズですが、これまで理学療法士さんやエクササイズ指導者、マッサージセラピストなど様々な方にご参加いただいています。


Q1 今回のレッスンシリーズに参加される前まで、どんな不安や悩み、課題をお持ちでしたか?


運動指導の引き出しが少ないこと、解剖学や運動学の知識が浅いことに課題や不安を感じていました。


Q2 今回ご参加いただいた決め手はなんですか?


フェルデンクライスのワークを受けながら、解剖学や運動学を学べるところ。

ただただ座学で学ぶのではなく、体感して腑に落とすというところです。


Q3 今回のレッスンシリーズに参加され、学べたこと・気づいたこと・変化したことはなんですか?


専門職にありがちな『こうでなければいけない』という考えは、逆に人の動きを制限してしまうということです。

フェルデンクライスのワークを通して、自分の身体が変化しただけでなく、心の持ちようも変化しました。

座学をして頭でっかちになるよりは、体感として学んだほうがより学びの理解度が増すということもとても良かったです。

9つのテーマで学びをすすめていったが、すべてが繋がっていて、身体を診るうえでは全身の状態の把握が欠かせないということが理解できました。


Q4 今回のレッスンシリーズでは解決できなかったこと・分からなかったこと・もう少し知りたいことはなんですか?


呼吸に関する知識や運動指導をもっと深めたいです。


Q5 今回の経験を、今後どのような形でいかせるでしょか?


今後の自分の体のケアに活かせることはもちろん、運動の幅が広がったので患者さんの指導のときに大活躍しそうです。

筋トレやストレッチで解決できない、身体へのアプローチができそうな気がしています。


Q6 このレッスンシリーズを、どんな方にオススメしたいですか?


身体のケアに携わる方全員におすすめしたい。


楽しく学ばせていただきました!本当にありがとうございました✨




閲覧数:21回0件のコメント